新人保育士 先輩との人間関係の悩み

保育士の人間関係についての悩み

 

 

保育士として働いている方の悩みを聞くと必ず上がるのが人間関係の悩みと言えます。人間関係の悩み自体は、保育士の職場に関わらずに、おそらく社会人として仕事に関わる方の多くは、多かれ少なかれ抱える悩みと言えます。

 

一方で、保育士の職場である保育園や児童福祉施設等は女性がほとんどの職場となるので、いわゆる女性特有の人間関係の悩みを抱える方が多いです。

 

特に新人保育士にとっては、先輩保育士との人間関係は非常に神経を使い、ストレスが溜まる要素だと思います。

 

気に入られないと教育して貰えない

新人保育士と成長して行く上で一番の近道は、先輩保育士のサポートとアドバイスになります。

 

保育士の仕事は、経験で培ってきた技術と知識が非常に大切になるので、その経験を教えて貰う事は非常に大切です。また、新人の頃はどうしても失敗を繰り返す事になるので、先輩保育士のサポートが必須にもなります。

 

その時に、先輩保育士との関係が悪いと、例え失敗をフォローして貰ってもアドバイス等が貰えない上に、酷い場合は無視されたり、悪い噂を流されたりする場合もあります。

 

実際に、新人保育士の方で先輩保育士に嫌がらせを受けて辞めてしまったという方もいらっしゃいます。

 

そのため、新人保育士にとっては、先輩との人間関係が非常に大切と言えます。

 

厳しさとイジメは全く違う

 

失敗をすれば、優しく諭してくれる方もいれば、厳しく叱る方もいらっしゃいます。

 

後者の場合でも、あなたの事が嫌いなのではなく、仕事に対して厳しく、そして責任を持っているからこそ、厳しく叱る方もいらっしゃいます。

 

実際に仕事では厳しくても、仕事以外では普通に優しい方もいらっしゃいますし、分からない事を聞けば少し皮肉を言われても、しっかりと教えてくれる方も多いです。

 

ただ、職場に大きな派閥が存在しており、一人のリーダーに嫌われたら追い出されるような荒れてしまっている職場も存在します。

 

厳しいのではなく、単なる嫌がらせやイジメをするといった目を疑うような職場も確かに存在します。もし、そのような職場に間違って入社してしまったのでしたら、自分の体調面と精神面を考慮した上で退職と転職を考えましょう。

 

味方が一切いない職場で働くのは、非常に辛く体を壊しかねません。ただ、数カ月や半年で辞めてしまうと、転職時に足を引っ張られる可能性が高いので、できれば1年間は働きたいところです。

 

ただ、それはあくまでも一般論であり、本当に辛いのでしたら、体調を崩したり、鬱になる前に辞めるようにしましょう。

 

保育士として他の保育園等で働くにせよ、異業種に転職するにせよ、短期間で退職しても、多少は就職活動が難航しても、就職先が見つからないといった事はありません。

 

特に、保育士は人手不足な上に、職場によって待遇や働きやすさも違うので、それなりに職場間の転職率も高く、珍しい事はないので、大きなハンデにはならない可能性もあります。

思い切って相談してみる

 

 

先輩保育士の方も、仕事に関してはベテランでも、後輩の教育や悩みのケアに関しては不慣れな方も多いです。特に、新人から中堅になったばかりの先輩保育士の方に多い傾向があります。

 

そのため、苦手意識を持って「こんな事を聞いても良いのか」、「質問したら迷惑にならないか」と悩んだりするよりも、一度思い切って仕事の悩み等を相談してみるのも良いと思います。

 

話して見れば、あなたの先輩も後輩の教育やケアの方法に悩んでいて、親身に相談相手になってくれるかもしれませんよ。

 

ただ、相談するタイミングは考えるようにしましょう。緊急性の高い相談でないのでしたら、仕事が終わったら帰宅の準備時などに質問しましょう。

 

忙しい時に、質問されるとやはりイラつかせる原因にもなるからです。

 

仕事を続けて行くなら人間関係の悩みは無くならない

新人保育士に新人保育士の、中堅保育士には中堅保育士の、そしてベテランにはベテランの悩みが発生します。また、保育士の職場は人の入れ替わりが多かれ少なかれ存在するので、その度に人間関係も変わります。

 

もちろん、前述したようなイジメや嫌がらせが常態化しているような職場は問題外ですが、一方で先輩・後輩との人間関係を良好にする立ち回りは覚えて行く必要はあります。

 

本来の仕事である子供の保育とは関係ないと思うかもしれませんが、保育は周りの保育士と一緒にお互いにサポートしないと十分にできません。

 

そのため、面倒と思ったりせずに良好な人間関係を構築できるように努力することも大切です。

 

⇒非公開求人 保育士の転職

関連ページ

男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
保育士は有給休暇が使いにくいのか
有給休暇の使いやすさは、勤めている保育園にもよりますが、人手が足りない日に使うと、周りに迷惑を掛けて評価を下げてしまいます。そのため、有給休暇を使用する際は、保育園の人間関係を構築した後に使用するようにしましょう。
新人保育士 辞める理由
新人保育士の方が、短期の間に退職してしまう理由としては、我慢が足りずに、仕事に慣れる前に辞めてしまう方も確かにいらっしゃいます。ただ、一方で職場に問題あって辞めてしまう方も大勢いらっしゃいます。
保育士の仕事が辛いと感じたら
保育士の仕事が辛いと感じているのでしたら、一度他の保育園に転職する事を検討してみても良いと思います。職場が変われば、働き方や人間関係も変わります。また、保育士の仕事自体が嫌いになってしまったのでしたら、早い段階で異業種に転職するのも一つの手段です。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら
保育士の仕事は、保育の仕事だけではなく、保護者の対応、職員同士の人間関係、事務の仕事などストレスが溜まりやすい仕事が多く、疲れ切ってしまう方も多いです。人によっては、辞めたいと思い詰めてしまう方もいらっしゃいます。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。
保育士は出世していけば給料が上がるのか
保育士は、初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士と勤続年数と共に出世していくキャリアパスが一般的です。出世と共に給料も上がるかどうかは、職場によって変わってきます。