保育士は有給休暇が使いにくいのか

有給休暇を使用したい保育士の方へ

 

有給休暇の使用は、労働者の権利になるので、使いたい日に自由に使用することができます。ただ、これは一般論であって、他の保育士との人間関係を考えると、自由に使える職場なんてほとんど存在しないのでと思います。

 

保育士に限らずに、日本は自分だけ仕事を休み、周りに負担を掛ける事は好ましくないとされています。例えそれが、法律で認められている権利であってもです。

 

個人的な意見としては、周りの視線なんて無視して…なんて気持ちがありますが、できませんよね(笑)

 

特に保育士の仕事は、他の職員とのチームワームも大切になるので、自分の事だけ考えていると居場所が無くなってしまいます。

 

そのため、有給を使いたくても、遊びたいために使うことはオススメしません。

 

中堅クラスになってから有給休暇の使用を検討する

新人の時代に、緊急性のない事で有給休暇を使うと、先輩保育士の評価が下がる可能性があります。

 

これは、職場の環境にもよって代わり、職場そのものが有給休暇を積極的に使う事を推奨しており、実際に使用している方が多いのでしたら、周りに相談した上で使うと良いと思います。

 

ただ、現実問題として、そのような保育園は少ないと言えます。そのため、新人の時は良好な人間関係の構築と、仕事を覚える事に注力することをオススメします。

 

数年働いて、周りに迷惑を掛ける事も少なくなり、フォローできる立場になったのでしたら、少しずつ貯まっている有給休暇を消費していくと良いと思います。

 

もちろん、自分勝手に使用する事はないようにしましょうね。

 

異常なまでの人手不足は注意

有給休暇を使うと人手が全く足りないというのは、保育園そのものに問題がある場合があります。

 

一人急病になっただけで、配置が足りなくなるのは…と思える保育園は何時か事故といった問題を起こす可能性があります。

 

有給休暇が使用できるか否かに関わらずに、巻き込まれる前に他の職場に転職する事を考えた方が良いかもしれません。

 

転職時の有給休暇の使用法

他の保育園に移るなどするのでしたら、溜まった有給休暇を全て使用しましょう。

 

企業は、残った有給休暇を買いとる義務はありませんが、退職時の有給休暇の申請を拒否する事はできません。

 

そのため、仮に使用を認められない、または給料に有給休暇分がないのでしたら、労基などに相談すれば適切な給料分を貰えると思います。

 

嘘を付いて有給休暇を使用する

 

 

有給休暇で無理にでも休みたい…けど理由がないと思う方の中には、仮病を使い事を考える方もいらっしゃると思います。

 

個人的にはオススメしません。仮病による有給休暇の休みは、私個人の体験も考えて、癖になりやすいです(笑)

 

一度味を占めると、不意に休みたくなったときに、急病を理由に休もうかなと思ってしまうようにります。

 

有給休暇の権利を考えるとそれでも良いのですが、やはり事前に申し込みのマナーになりますし、急な休みは周りに迷惑を掛けます。
他の保育士に不信を与えたり、評価を下げる原因になります。

 

例え、周りの保育士は表面上は心配してくれでも、実際は疑っている可能性もあるので注意しましょう。

 

また、不意に仮病で休んだことを忘れて、ボロを出すリスクもあります。

 

したがって、仮病による休みは出来る限りしない事をオススメします。

 

⇒保育園 ホワイト企業

関連ページ

新人保育士 先輩との人間関係の悩み
新人保育士の抱える悩みの一つは、保育施設内での先輩保育士との関係だと思います。保育施設は女性の職場の傾向が強いので、上手く立ち回れないと働きにくい環境になってしまいます。
男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
新人保育士 辞める理由
新人保育士の方が、短期の間に退職してしまう理由としては、我慢が足りずに、仕事に慣れる前に辞めてしまう方も確かにいらっしゃいます。ただ、一方で職場に問題あって辞めてしまう方も大勢いらっしゃいます。
保育士の仕事が辛いと感じたら
保育士の仕事が辛いと感じているのでしたら、一度他の保育園に転職する事を検討してみても良いと思います。職場が変われば、働き方や人間関係も変わります。また、保育士の仕事自体が嫌いになってしまったのでしたら、早い段階で異業種に転職するのも一つの手段です。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら
保育士の仕事は、保育の仕事だけではなく、保護者の対応、職員同士の人間関係、事務の仕事などストレスが溜まりやすい仕事が多く、疲れ切ってしまう方も多いです。人によっては、辞めたいと思い詰めてしまう方もいらっしゃいます。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。
保育士は出世していけば給料が上がるのか
保育士は、初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士と勤続年数と共に出世していくキャリアパスが一般的です。出世と共に給料も上がるかどうかは、職場によって変わってきます。