新人保育士 辞める理由

新人保育の離職の理由と悩み

 

新人保育士が仕事を始めて悩む事の1位は先輩との人間関係になります。続いて、学生時代の生活リズムの変化、保護者との関わり方、体調不良などになります。

 

給料の額については、まだ昇給や賞与とは無関係な事と、目の前の仕事に精一杯な事から、「新人」保育士の辞める理由にはならないようです。

 

人間関係の悩み

人間関係の悩み、入社した直後でしたら先輩保育士との関わり方に頭を悩ませる方が多いです。新人保育士 先輩との人間関係の悩みで詳しく述べていますが、新人保育士が仕事をして行くには、どうしても先輩保育士のサポートと教育が必要になってきます。

 

そのため、先輩保育士との良好な関係が保育士の仕事を長期的に続けて行く上で一番大切な事かもしれません。

 

生活のリズム

生活リズムに関しては、新人保育士ならではの悩みとも言えますね。

 

子供預かるのは、保護者の仕事前の通勤前になる事が多いので、必然的に始業時間も朝早くなります。

 

そのため、不規則な生活をしていた学生には慣れるまで辛い日々と言えるかもしれません。ただ、あくまでも慣れなので、辞める理由になるかと言われると…ならいと信じたいですね。

 

保護者との接し方

保護者との関わりについては、保育士として働き続けるのでしたら、避けては通れません。保育士 保護者からのクレームで詳しく述べていますが、保護者からのクレームも働いて行く中で遅かれ早かれ聞く事になると思います。

 

その時は、先輩保育士の方や園長に相談するなどして、適切かつ真摯に対応できるようにしましょう。最初は非常にストレスに感じると思いますが、慣れ…とは違いますが、少しずつ落ちついて対応できると思います。

 

ただ、保護者の中には理不尽なクレームをしてくる方もいらっしゃいます。その時に、どれだけ園長といった管理者が助けてくれるかでも、働きやすさが変わります。

 

もし、現場の保育士に対して、フォローなど何もせずに責任を押し付けるようなら、長期的に働く事をオススメしない園からもしれません。

 

体調不良

体調不良に関しては、新人保育として慣れない事の連続のために体調を崩してしまう方も多いと思います。特に、前述した悩みに加えて、持ち帰りの仕事や残業も重なると…慣れるまで精神的にも体力的にも辛い日々が続くと言えます。

 

ただ、保育士に限らずに、社会人として働く上では、慣れない日々のストレスは避けることは難しい点でもあります。

 

しかし、保育園によっては、客観的にもブラックと呼べる職場も存在します。そのため、家族や友人に愚痴をこぼす形でも良いので相談してみるのも大切です。

 

もしかしたら、慣れ以前に、職場に問題がある可能性も少なからず存在します。

 

もし保育士辞めたくなったら

 

辞めることは自体は非常に簡単です。
退職届を出して、就業規則の規定日数まで働ければ辞めることはできます。前述したように、明らかなブラックな職場でしたら、さっさと他の園に転職した方が良いと言えます。

 

一方で、新人ならではの悩みで辛いと感じているのでしたら、仮に他の職場に転職しても解決できないかもしれませんし、むしろ待遇が悪くなる可能性もあります。

 

そのため、一度今抱えている悩みを、今の職場で改善できないのか、また慣れていく事はできのか考えてみることも大切です。

 

異業種への転職

 

 

思っていた仕事と実際の仕事とのギャップが激しくて、保育士の仕事を1年未満で辞めて、異業種に転職してしまう方も一定数いらっしゃいます。

 

実際に、保育士の資格を持っていて、保育の仕事に就いていない方の約1割が1年未満に離職しているという統計も出ています(あくまでも既に働いていないかた限定のアンケート結果になります)。

 

1年という期間は少し短い気もしますが、決定的に自分には向いていない、これ以上続けたくないという気持ちがあるのでしたら、異業種への転職も一つの手段かもしれません。

 

20代の1年は非常に大切でもあります。自分の向き不向きを真剣に考えた上でしたら、咎められる理由はないと思います。

 

一方で、本当に保育の仕事そのものが嫌いなのかどうかも考えてみてください。今の職場の人間関係や職場の環境が悪いだけでしたら、一度他の職場に転職してみる事も検討してみても良いと思います。

 

保育の仕事とは関係のストレスで、保育の仕事自体が嫌いになっているかもしれませんよ。

 

⇒保育園 ホワイト企業

関連ページ

新人保育士 先輩との人間関係の悩み
新人保育士の抱える悩みの一つは、保育施設内での先輩保育士との関係だと思います。保育施設は女性の職場の傾向が強いので、上手く立ち回れないと働きにくい環境になってしまいます。
男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
保育士は有給休暇が使いにくいのか
有給休暇の使いやすさは、勤めている保育園にもよりますが、人手が足りない日に使うと、周りに迷惑を掛けて評価を下げてしまいます。そのため、有給休暇を使用する際は、保育園の人間関係を構築した後に使用するようにしましょう。
保育士の仕事が辛いと感じたら
保育士の仕事が辛いと感じているのでしたら、一度他の保育園に転職する事を検討してみても良いと思います。職場が変われば、働き方や人間関係も変わります。また、保育士の仕事自体が嫌いになってしまったのでしたら、早い段階で異業種に転職するのも一つの手段です。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら
保育士の仕事は、保育の仕事だけではなく、保護者の対応、職員同士の人間関係、事務の仕事などストレスが溜まりやすい仕事が多く、疲れ切ってしまう方も多いです。人によっては、辞めたいと思い詰めてしまう方もいらっしゃいます。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。
保育士は出世していけば給料が上がるのか
保育士は、初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士と勤続年数と共に出世していくキャリアパスが一般的です。出世と共に給料も上がるかどうかは、職場によって変わってきます。