保育士の仕事が辛いと感じたら

保育士の仕事が辛くて続けられるか不安な方へ

 

保育士の仕事は、責任感が強い方に向いていると言えますが、一方で何でもかんでも背負い込んでしまったり、自分に厳しくし過ぎると簡単に潰れてしまいます。

 

保育士の仕事は、新人の頃は分からない事だらけで先輩保育士に注意されたり、怒られたりすること多いと思います。

 

また、事務の仕事も保護者に渡す書類作りや子供の成長記録と多いので、慣れるまでは定時で終わらすことができず、持ち帰りになる事も多いと思います。

 

それは新人の頃の試練として少しずつ学んで行く必要がある点になります。

 

一方でブラックな保育園から転職でも述べているように、明らかに新人保育士だから終わらせられないとは関係なく、オーバーワークの仕事を押し付けるような環境にも耐える必要があるとイコールではありません。

 

また、仕事が終わらないからといって夕方の5時、6時が帰宅の定時なのに、夜の10時付近まで残業が続くのでしたら、それは職場そのものに問題があると思った方が良いです。

 

事務の仕事は、慣れまでスムーズに済ませるようになりますし、現場の保育の仕事も先輩保育士のサポートを受けながら学んで行けば、2年頃にはある程度の余裕を持てるようになります。

 

ただ、明らかなオーバーワークですと、体を壊してしまいます。

 

仕事に責任を持つのは大切ですし、自分に厳しくして頑張って働く事も大切です。

 

ただ、それでも限界はあります。

 

もし、明らかにブラックな環境であることが明白なら、時には「逃げる」事も大切です。

 

厳しい事を言えば、慣れなど関係な、く明らかにいずれ体や心を壊しかねない職場で、働き続ける行為は、むしろ現状に身を任せた甘えた行為、もっと言えば変化を恐れた状態と言えます。

 

本当に辛いと感じたのでしたら、周りの家族や友人に相談して、他の職場に転職するといった選択も必要になります。

 

無理に一つの職場に固執しない

 

 

このページを見てる保育士の方の多くは、「一つの職場で継続して働き続ける」、「簡単に逃げ出していいのか?」という自問自答は既にしていると思いますし、答えは簡単に出ないと思います。

 

一つの保育園に継続して働く事が間違っているとは思いませんし大切な事です。

 

人間関係を構築するにも時間は掛かりますし、仕事を学ぶ上でも新人の頃は、職場を転々するよりも同じ保育園でじっくりと基礎を学ぶ事は大切です。

 

ただ、そのような環境が整っていないような職場でしたら話は別です。

 

今の職場がブラックな否か自分で判断するのは難しいと思うので、ネットでも良いですし、友人にも相談しても良いですが、客観的に判断するようにしましょう。

 

働きにくい保育園と働きやすい保育園でしたら、当たり前でしたら後者の方が、体力的にも精神的にも余裕が生まれるので、長期的に働けます。

 

転職を考えているのら紹介会社を利用しているみる

 

 

今の職場よりも働きやすい保育園があるのなら転職したいと思っているのなら、保育園専門の紹介会社を利用する事をオススメします。

 

キャリアコンサルタントと相談して、転職に当たっての希望条件と職歴を伝えて、より働きやすい保育園の求人の中に、自分が応募できる求人を探して貰いましょう。

 

基本的にお金も掛からないのでリスクも生じません。

 

日々の仕事に疲れていると、求人を探すのにも面倒に感じますが、紹介会社に任せれば時間も無駄にせずに済みます。

 

信用できる紹介会社を利用すれば、ブラックな職場も少ないので転職を検討しているのでしたら利用して損はないと思いますよ。

 

⇒非公開求人 保育士の転職

関連ページ

新人保育士 先輩との人間関係の悩み
新人保育士の抱える悩みの一つは、保育施設内での先輩保育士との関係だと思います。保育施設は女性の職場の傾向が強いので、上手く立ち回れないと働きにくい環境になってしまいます。
男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
保育士は有給休暇が使いにくいのか
有給休暇の使いやすさは、勤めている保育園にもよりますが、人手が足りない日に使うと、周りに迷惑を掛けて評価を下げてしまいます。そのため、有給休暇を使用する際は、保育園の人間関係を構築した後に使用するようにしましょう。
新人保育士 辞める理由
新人保育士の方が、短期の間に退職してしまう理由としては、我慢が足りずに、仕事に慣れる前に辞めてしまう方も確かにいらっしゃいます。ただ、一方で職場に問題あって辞めてしまう方も大勢いらっしゃいます。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら
保育士の仕事は、保育の仕事だけではなく、保護者の対応、職員同士の人間関係、事務の仕事などストレスが溜まりやすい仕事が多く、疲れ切ってしまう方も多いです。人によっては、辞めたいと思い詰めてしまう方もいらっしゃいます。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。
保育士は出世していけば給料が上がるのか
保育士は、初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士と勤続年数と共に出世していくキャリアパスが一般的です。出世と共に給料も上がるかどうかは、職場によって変わってきます。