保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら

保育の仕事に疲れて辞めてしまいたいと思ったのなら

 

保育士の仕事に絶対の正解はないので、先輩保育士の教育の下で、子供と向き合いながら、保育の基礎を学び、そして自分なりの保育スキルを磨いていく必要があります。

 

また、保育の仕事だけでも大変ですが、保護者の対応、おたよりの作成、成長記録の記入、そして保育士同士の人間関係など肉体的にも精神的にも非常に負担が掛かります。

 

保育施設が、ある程度保育士に対して配慮したシフト体制を敷いたり、ルール作りをしていると働きやすさも格段に違います。

 

また、保護者の理不尽なクレームなども、現場ではなく運営している企業の本社が対応してくれたり、守ってくれるだけでストレスは大幅に軽減します、逆に、そのような配慮がない職場ですと、疲れ切ってしまい退職してしまう方もいらっしゃいます。

 

実際に保育士の離職率は高い傾向があります。

 

正確な離職率は出ていませんが、保育資格を持ちながら保育士の仕事に就いていない方の半数は、勤務年数5年経たない早期離職者とされています。

 

それに付随して、保育士の人手不足も顕著になっており、全都道府県の役9割以上が、保育士の有効求人倍率が1倍を超えている状態です。

 

この状態を考えるだけでも、保育士にとって働きにくい環境の職場多い事が分かると思います。

 

そのため、仕事に疲れてしまった場合は、一度現状を園長など相談して休暇を貰うといった手段をとるのも大切です。

 

取り合って貰えない、休みを許してくれないといった対応をされたら、職員に対する配慮も何もない職場から転職を考える事も大切です。

 

派遣として働く選択肢

 

派遣保育は安定して働けないのかで詳しく述べていますが、派遣保育士として働くの一つの手段です。

 

派遣の場合は、施設が賃金を派遣企業に渡し、手数料を引いた金額を派遣保育士に手渡します。そのため、派遣企業は登録している保育士の残業代や休日出勤に関しても厳しくみます。

 

当たり前ですが、派遣企業の収入にもなるので、サービス残業などは容認する事は少ないです。

 

また、問題のある保育施設でしたら、派遣企業に相談すれば変えてくれる事も多いので比較的に働きやすいです。

 

紹介予定派遣として働ければ、半年経ってお互いに雇いたい、働き続けたいとなれば、正社員として雇用されます。

 

そのため、一度紹介予定派遣として保育士の仕事をするのも良いかもしれません。

 

オススメの紹介会社

派遣企業の探した方、正社員として働く保育園の探した方でもオススメなのが保育士バンクという紹介会社を利用することです。

 

保育士バンクは、全国の求人を扱っており、専任のキャリアコンサルタントが電話で打ち合わせをしてくれます。あなたの希望条件の合った求人だけをピックアップして紹介してくれるので、時間を無駄にせずに転職先を考える事ができます。

 

また、職場の雰囲気なども教えてくれるので、人間関係によるトラブルのリスクを下げる事も出来ます。

 

もし興味があれば、利用してみてはどうでしょうか?

 

⇒非公開求人 保育士の転職

関連ページ

新人保育士 先輩との人間関係の悩み
新人保育士の抱える悩みの一つは、保育施設内での先輩保育士との関係だと思います。保育施設は女性の職場の傾向が強いので、上手く立ち回れないと働きにくい環境になってしまいます。
男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
保育士は有給休暇が使いにくいのか
有給休暇の使いやすさは、勤めている保育園にもよりますが、人手が足りない日に使うと、周りに迷惑を掛けて評価を下げてしまいます。そのため、有給休暇を使用する際は、保育園の人間関係を構築した後に使用するようにしましょう。
新人保育士 辞める理由
新人保育士の方が、短期の間に退職してしまう理由としては、我慢が足りずに、仕事に慣れる前に辞めてしまう方も確かにいらっしゃいます。ただ、一方で職場に問題あって辞めてしまう方も大勢いらっしゃいます。
保育士の仕事が辛いと感じたら
保育士の仕事が辛いと感じているのでしたら、一度他の保育園に転職する事を検討してみても良いと思います。職場が変われば、働き方や人間関係も変わります。また、保育士の仕事自体が嫌いになってしまったのでしたら、早い段階で異業種に転職するのも一つの手段です。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。
保育士は出世していけば給料が上がるのか
保育士は、初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士と勤続年数と共に出世していくキャリアパスが一般的です。出世と共に給料も上がるかどうかは、職場によって変わってきます。