保育士は出世していけば給料が上がるのか

保育士は出世していけば給料も一緒に上がるのか

 

保育士のキャリアパスとしては、新人の初任者からクラス担当、クラス主任、副主任、主任保育士、そして園長と出世して行くのが一般的になります。

 

ただ園長となると、10年以上の勤続年数が必要になりますし、ポストも少ないので、必要要件を満たしていても、なかなか就くことが難しいかもしれません。

 

また、キャリアパスに関しても、保育施設の種類・規模によっても変わってくるので、上記のキャリアパスは、あくまでも一般的なキャリアパスの参考例の一つと思っていただければ幸いです。

 

出世していけば給料は上がって行くのか

 

 

出世すれば給料が上がるのか…といわれると、これもやはり保育施設によって変わってきます。

 

公務員である公立保育園でしたら、給与体系が公務員になるので、勤続年数と共に役職と給料が上がって行く事が多いです。

 

一方で民間企業が運営している場合は、給与体系は様々で、役職手当の金額も昇給額も全く異なります。

 

園長まで出世すれば、年収500〜600万円になることもあれば、年収500万円を下回ることもあります。

 

また、初任者から主任保育士まで出世しても、ほとんど変わらないこともあれば、手当として給料に3〜5万円の手当が加算されることもあります。

 

1年の昇給額も同様です。

 

そして、残念ながら出世しても、思ったように給料が増えない保育施設が多いのが現状と言えます。

 

実際に、保育士の平均年収は業界全体からみても、低い傾向があることが証明していると言えます(保育士の平均年収:約320万、全体の平均年収420万円)。

長期的に働ける保育施設に就職するようにする

 

 

出世して行く事を前提に働いて行くのでしたら、やはり事前に給料が上がって行く職場を探した上で精進していくべきと言えます。

 

保育士の初任給は地域によっても変わってきますが、同じ地域内でしたら初任給で大きな差は出ないと思います。

 

しかし、勤続年数を重ねる程に、保育施設の違いで給料の差が出始めます。

 

それは、昇給額や手当による差もありますが、特にボーナスの差も大きいと言えます。

 

やはり、施設の運営が上手く行って否かや、経営者が利益主義になっているか、それとも保育士に還元しているどうかが、特にボーナスに反映されるからです。

 

もし、現在働いている保育施設の待遇で、給料が数年間上がっていない、ボーナスが支払われれないのが当たり前になっているのでしたら、他の職場で出世を検討した方が良いかもしれません。

 

最悪な話を言えば、出世しても責任だけ増えて、役職手当などが雀の涙程度…なんてこともあります。

 

なお、保育士に支払われる平均的なボーナスの金額としては、2ヶ月〜3ヶ月分、金額としては40〜50万円程度になります(民間の保育施設を前提としています)。

 

これよりも大幅に下回るようにでしたら注意した方が良いと言えます。

 

出世してにくい・給料が上がりにくい職場の見極め方

待遇面以外からの判断としては、

・家族経営をしている
・小規模な保育施設(大手の系列などは除く)
・一般の保育士と役職持ちの保育士とで年齢差があり過ぎる(役職持ちは中途や縁故で雇っている可能性がある)
・保育施設がキャリアパスを示していない
・先輩の多くが出世できてない

上記が主な判断材料になります。

 

あくまでも参考材料になるので、上記にあてはまるからといって、必ずしもブラックな保育施設というわけではありませんが、注意は必要と言えます。

 

後は、実際に働いているのでしたら、待遇面と上記の項目を考慮すれば判断できると思います。

 

保育士バンクを利用して転職する

 

待遇が良く、長期的に働ける保育施設に転職したいのでしたら、保育士専門の紹介会社を利用すると良いと思います。

 

オススメとしては、保育士バンクになります。

 

保育士専門の紹介会社の中でも扱っている求人は非常に多く、全国の求人を扱っています。

 

一般の求人サイトには掲載されていない、優良な非公開求人もあるので、予想以上の待遇の職場に出会える可能性もあります。

 

扱っている施保育施設の種類も数も多いので、あなたの希望に合った職場を紹介して貰う事ができると思います。

 

担当のスタッフが親身に応じてくれるので、あなたの条件に合った求人を厳選して紹介してくれます。

 

具体的には、土日祝日完全休み、年間休日125日以上、残業なしといったワークライフバランスを重視した働き方をしたい人にオススメです。

 

もし、保育士の転職を成功させたいと思っているのでしたら利用して損は無いと思いますよ。

 

保育士転職支援【保育士バンク】

関連ページ

新人保育士 先輩との人間関係の悩み
新人保育士の抱える悩みの一つは、保育施設内での先輩保育士との関係だと思います。保育施設は女性の職場の傾向が強いので、上手く立ち回れないと働きにくい環境になってしまいます。
男性保育士の将来の不安と悩み
男性保育士は、保育業界でも数が非常に少ないので、女性以上に悩みを抱えている方もいらっしゃいます。また、保育士として働きながら結婚できるのかと不安に感じている方も多いと思います。
保育士は定年まで働き続けられるのか
保育士の方のほとんどは、女性になるので、寿退職、出産といった事情により、定年まで継続して働く方は非常に少ないです。ただ、復職した方等が、定年近くまで働く事は少なからず存在します。
保育士 休日を増やしてプライベートな時間を充実させたい
保育士として働いている方の悩みの一つとしては、休日が少ないく、残業も多いため長時間労働が多いため、プライベートな時間を充実させられない、または疲れが取れない事だと思います。もし、そのような状況でしたら、一度転職を考えても良いかもしれません。
保育士 保護者からのクレーム
保育士として働く中で、避けて通りにくいのが保護者からのクレームになります。保育士側に責任があるものから、理不尽なものまであり、ノイローゼ地味になる方もいらっしゃいます。しっかりと、対処の方法を学んで行く事が大切です。
保育士は有給休暇が使いにくいのか
有給休暇の使いやすさは、勤めている保育園にもよりますが、人手が足りない日に使うと、周りに迷惑を掛けて評価を下げてしまいます。そのため、有給休暇を使用する際は、保育園の人間関係を構築した後に使用するようにしましょう。
新人保育士 辞める理由
新人保育士の方が、短期の間に退職してしまう理由としては、我慢が足りずに、仕事に慣れる前に辞めてしまう方も確かにいらっしゃいます。ただ、一方で職場に問題あって辞めてしまう方も大勢いらっしゃいます。
保育士の仕事が辛いと感じたら
保育士の仕事が辛いと感じているのでしたら、一度他の保育園に転職する事を検討してみても良いと思います。職場が変われば、働き方や人間関係も変わります。また、保育士の仕事自体が嫌いになってしまったのでしたら、早い段階で異業種に転職するのも一つの手段です。
保育の仕事の理想と現実のギャップ
保育士の仕事をしていると、勤続年数に限らずに理想の保育と現実の保育の仕事にギャップが生じます。ジレンマに悩まされながらも働き続ける方や、転職して自分の保育ができる職場で働く方もいらっしゃいます。
保育士に向いていないのではと感じたら
新人保育士の方は、新しく始まったら私生活と仕事の両立に慣れるのに時間が掛かる事と、子供たちの向かい合い方が分からずに保育士の仕事に向いていないのではと悩む方も多いです。
保育の仕事に疲れて辞めてしまいと思ったのなら
保育士の仕事は、保育の仕事だけではなく、保護者の対応、職員同士の人間関係、事務の仕事などストレスが溜まりやすい仕事が多く、疲れ切ってしまう方も多いです。人によっては、辞めたいと思い詰めてしまう方もいらっしゃいます。
先輩保育士からのパワハラで悩んでいる
保育士の方の悩みで多いのが、人間関係、そして先輩保育士や園長からのパワハラになります。保育士の職場は、女性の職場になるので、物理的なパワハラは少ないですが、陰口や無視といった精神的なパワハラは多いです。