保育士 転職を考えている人

保育士 転職を考えている人

保育士の方で今の職場で働いていても給料が上がる見込みがないと感じていたり、人間関係のトラブルで働き続けるのが難しいと思っているのでしたら、一度他の保育施設への転職も考えてみてはどうでしょうか?
保育施設といっても種類も待遇もそれぞれ異なってきます。探せば、あなたが長期的に働き続ける事ができる保育施設があるかもしれませんよ。

保育士 転職を考えている人記事一覧

保育士 今後の展望と将来性

少子化の影響によって、保育士の需要は徐々に減って行くのではないかと不安に思うかもしれませんが、おそらく需要が増える事はあっても減る事は現状ないと思っています。ニュースでも良く取り上げられるように、保育園が足りずに待機児童が多く存在しています。保育園が子供を預かれないは、単純に規定人数を満たしている場...

≫続きを読む

 

保育士 年収を上げる方法

保育士の年収は、全体的に低い傾向があります。平均年収としては、310万円前後で、平均月収ですと22万円ほどになります。業界全体の平均年収が約440万円程である事を考えると、保育業界の給料水準の低さが分かると思います。保育士の年収が低い理由・勤続年数が短い・出世できる役職のポストが少ない・保育施設によ...

≫続きを読む

 

働きやすい理想の保育園の選び方

保育士の離職率は高く、資格を持っていても働いていな潜在保育士は約10万人以上とも言われています。人によっては、保育士として働き始めて入社1年目で辞めてしまい、そのまま異業種に転職してしまう方もいらっしゃいます。本人に問題がある場合や、働く前に思っていた保育士の仕事とのギャップが激しかったといった理由...

≫続きを読む

 

保育士 ブランク期間のある方の復職

保育士の潜在保育士(資格を持っていて保育士の職に就いていない方)の数は、約10万人とも言われています。一方で少子化が進む中で保育施設の需要は減っているのではないかと思われがちですが、現状は全く逆で待機児童の問題がニュース等でも頻繁にと挙げられています。少子化なのに、需要が多い理由としては、男性一人で...

≫続きを読む

 

保育園 ホワイト企業

保育園のホワイト企業の基準としては、人によっても変わって来ると思いますが個人的には、以下の点が挙げられると思います。・勤続年数と保育技術で出世できる枠がある・良好な人間関係が構築される体制がある・オーバーワークにならない他にも挙げられますが、多くの方が気にするのはこの3点かなと思っています。出世でき...

≫続きを読む

 

ブラックな保育園から転職

ブラックな保育園が増えた理由としては、待機児童が増えた事により、政府が無認可の保育施設が増える事を積極的に望んだ事が挙げられます。理由としては、認可保育所の場合は、国が公的資金補助をする必要があるので、将来的に続く財政的な負担を避けたい事が挙げられます。そのため、国は公的資金補助する必要が無認可の保...

≫続きを読む

 

派遣保育は安定して働けないのか

派遣と聞くと、雇用体系が不安定だと感じたり、低賃金と思う方もいらっしゃいますが、人によっては正社員として働くよりも派遣として働く場合の方が良い事もあります。派遣保育士として働くメリット・残業が少ない・休日が確保できる・職場移動しやすい主なメリットとしては上記の3つが挙げられます。残業が少ない・休日が...

≫続きを読む

 

小規模保育園は働きやすいのか

小規模保育園の最大のメリットは、やはり受け入れている子供の数が少ないので、一人一人と向かい合って仕事をすることができる点になります。保育スケジュールに追われながら仕事をする必要がない…とまでは行きませんが、ある程度ゆとりを持って保育の仕事ができ事が多いです。あくまでも子供たちのペースを最優先にして働...

≫続きを読む

 

新規開園の保育園はキャリアアップのチャンスか

新規開園の保育園で、オープニングスタッフとして働きたいと思っている保育士の方は結構いらっしゃると思います。オープニングスタッフの利点としては、人間関係が0から構築されることから、上下が関係が比較的にない少ない傾向があります。また、オープニングスタッフを募集する際は、新規で園長や主任保育士を雇う事もあ...

≫続きを読む

 

保育士から他業界に転職できるのか

保育士は、業界全体から比較しても仕事の忙しさから比較しても、年収は低い水準と言えます。だからこそ、保育施設はあるのに、肝心の働く保育士が足りない…といった状況になっていると言えます。保育園の利益である保育料は、基本的に世帯所得や地域などに決まりますし、認可外保育園でも認可保育園や公立保育園よりも補助...

≫続きを読む

 

保育士としてブランクがあっても再就職できるか

結婚や出産を機会に保育士の現場を一度離れて、育児などがいったん落ち着いて現場に復職することを考える人もいらっしゃると思います。正社員としてか、それともパートや派遣として再就職するかは人によっても変わってくると思いますが、やはり育児や家事と両立として働けるかどうか不安に感じる女性は多いと思います。特に...

≫続きを読む

 

保育士は派遣とパートだとどちらの方がメリットがあるか

育児や家事と両立しながら家計を助けるためにパートや派遣として保育士に復職したいと思っている人は少なからずいらっしゃると思います。ただ、正社員として一度働いた経験があるのでしたら、育児や家事に支障を出さずに就職できるのか不安な人もいらっしゃると思います。また、パートと派遣…どちらの方が働きやすい、また...

≫続きを読む

 

人手不足の保育施設から転職するべきか

保育士の人手不足は、施設の運営に支障を与えますす、利用者である子供の親達にとっても大きな不安材料の一つとなると言えます。そして、何よりも大きなしわ寄せがくるのが、実際に保育施設の現場で働いている保育士になります。本来必要な数の保育士が一人減るだけでも、その一人分の仕事が全員に割り振られますし、場合に...

≫続きを読む

 

事業所内保育室の保育士と働くメリットとデメリット

事業所内保育室とは、簡単に言えば民間企業が社員のために運営している認可外の保育施設になります。そのため、職場は運営している企業内、または隣接している事が多いです。一般的な保育施設と比べると、メリット・デメリットがありますが、比較的に人気の高い職場の一つと言えます。事業所内保育室のメリットとは・季節の...

≫続きを読む

 

未経験でも保育士資格があれば正社員として働けるか

保育士の資格を持っていても、正社員としての待遇に不安を感じて他業種に就職する人も少なからずいらっしゃいますが、結婚や出産後に資格を活かしてパートや派遣として働き始めることができない考える人も少なからずいらっしゃいます。また、少数になりますが、30代、40代になって保育士になるために資格を取得して、就...

≫続きを読む

 

保育士のパートと家事・育児を両立できるか

結婚や出産で一度保育士としての現場を離れた人が、新しい生活に慣れて落ち着いた頃に家計を助けるためにパートとして復職するかどうか悩むケースは多いです。せっかく取得した保育士としての資格を活かして働きたいと思う一方で、家事や育児と保育士としての仕事を両立できるか、またスーパーや飲食店といった職場で働いた...

≫続きを読む