保育園 ホワイト企業

ホワイト企業が運営している保育園

 

保育園のホワイト企業の基準としては、人によっても変わって来ると思いますが個人的には、以下の点が挙げられると思います。

・勤続年数と保育技術で出世できる枠がある
・良好な人間関係が構築される体制がある
・オーバーワークにならない

他にも挙げられますが、多くの方が気にするのはこの3点かなと思っています。

 

出世できる保育園なのか

 

 

出世できるか否かの重要性は、人によっても変わって来るので一概にホワイト企業にとって重要な要素とは言えないかもしれません。

 

保育士の方の中には、責任を負ったり、管理職としての仕事をするようりも、現場で子供の保育に力を入れたいという方もいらっしゃいます。

 

一方で、真面目に働き、周りに認められれば保育主任や園長になれる可能性が整っていれる職場は、給与体系も明確にされている事が多いので、安心して働けます。

 

待遇が良ければ、現場の仕事で月給25万円前後貰う事も出来ます。

 

したがって、将来的に出世を目指すか否か決めていなくても、給料体系や福利厚生が整備されている保育園に勤める事をオススメします。

 

良好な人間関係が構築される保育園

人間関係の良し悪しは、実際に働き始めないと見え分からないとも言えますが、リスク回避はする事ができます。

 

注意点の一つとしては、職員の平均年齢が若い場合です。

 

後述しますが、紹介会社等を通して平均勤続年数なども調べて貰うと、より働きやすい保育園か否か判断する事が出来ます。

 

また、長時間労働な職場を回避する方法としては、家庭を持っている保育士の方が多い職場になります。

 

家庭を持っている保育士の方は、仕事後に家族の夕飯作りなどがあるので、残業をしないようにしている事が多いからです。

 

なお、保育園が後輩の育成および、定着のためにルールをある程度決めている事もあります。

 

先輩と後輩とで暗黙の了解とも言えるルールが保育園事によくあります。一概に悪いとは言いませんが、一方で後輩にとっは大きなストレスになったり、空気が読めないと職場から孤立する可能性があります。

 

そういった事を回避するために、ある程度のルールを明確されてい保育園ですと、余計な事にストレスを感じたり、人間関係のトラブルが発生し難いと言えます。

 

オーバーワークにならない

 

長時間労働、休日が極端に少ないといった保育園は回避すべきと言えます。将来的にどれだけ、保育士として働いて行くかは個人によって様々ですが、数年で辞める事を前提に入社する方は少ないと思います。

 

また、保育園の仕事は現場の子供の保育以外にも、保護者の対応、発表会の準備、成長記録の記入やおたよりの作成といった事務仕事も多岐に渡ります。

 

そのため、無理なオーバーワークにならないような職場を選びましょう。

 

毎日のように残業+持ち帰りの仕事となると、過労で体調を崩すことになるかもしれませんよ。

 

探せば、保育士でも年間の休日日数110日〜120日前後貰える事もあります。

 

通える範囲の保育園の待遇を徹底して調べて見るのも良いと思いますよ。

 

紹介会社を利用する

 

ホワイト企業が運営している保育園を探しているのでしたら、保育専門の紹介会社を利用するようにしましょう。

 

通常の紹介会社は掲載されていない、待遇のよい保育園、幼稚園を扱っています。

 

就職にあたっての条件に関しては、紹介会社のキャリアコンサルタントに伝えれば、条件を満たした求人を探してくれます。ない場合は、改めてキャリアコンサルタントと打ち合わせをして、希望条件を変えるようにしましょう。

 

理想の職場が見つかる保証はありませんが、ある程度妥協していけば、それなりに働きやすい職場は必ず見つかると思います。

 

保育士バンク

 

全国の求人を扱っている保育士専門の紹介会社になっており、求人数で言えばトップクラスと言えます。

 

紹介会社ですが、自分で求人検索をすることもできるので、求人を紹介して貰いながら、自分で探すこともできます。

 

土日祝日完全休みの求人、年間休日125日以上の求人、残業なしの求人など扱っているので、ワークライフバランスをとりながら働きたい人にオススメです。

 

非公開求人も豊富なので、競争率が低い中で優良な保育施設に転職できる可能性もあります。

 

利用して損の無い保育士専門の紹介会社になるので利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

保育士転職支援【保育士バンク】

 

スマイルSUPPORT保育

 

スマイルSUPPORT保育は、首都圏を中心とした求人に特化している紹介会社になります。もちろん、全国の求人を扱っていますが、特に関東圏にお住まいの方にオススメと言えます。

 

扱っている保育施設の種類としては、認可保育園、公立保育園、私立保育園、事業所内託児施設、学童保育と非常に豊富です。

 

また、スマイルSUPPORT保育はスタッフが親身に相談に応じてくれますし、その上で登録者の条件に合った求人を厳選して紹介してくれます。

 

サポート体制は非常に充実しているので、自分で希望を満たした保育施設を探すことに不安を感じているのでしたら、利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

スマイルSUPPORT保育

 

 

関連ページ

保育士 今後の展望と将来性
少子高齢化の影響を考えると、今後の保育業界は大丈夫なのかと不安に思う方もいらっしゃると思います。また、保育士の待遇と将来性に不安を感じていて、保育士として働く事に躊躇っている方や、働き続ける事に悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのような方は、この記事を参考にして頂ければ幸いです。
保育士 年収を上げる方法
保育士の年収・給料は、業界全体で見ると低い水準になります。理由としては、出世の難しさや、勤続年数の長さ等がありますが、保育士の悩みの一つである事は間違いありません。もし、年収・給料を上げたいのでしたら、今の働き方や、職場を見直して、他の保育園への転職も検討するようにしましょう。
働きやすい理想の保育園の選び方
保育士にとって働きやすい職場とは、人によっても基準は異なりますが、保育園の人間関係の良好さや、一定の給料水準などを重視するのは多くの保育の方が就職にあたって重視する点だと思います。未経験者の方などは、保育園の選び方等も分からない方多いと思うので、参考にしてみてください。
保育士 ブランク期間のある方の復職
一度結婚して寿退職した方や、出産を機に現場を退いた方がブランク期間を経て復帰したいと思う方はいらっしゃると思います。一方で、復職にあたっての不安や悩みを抱えて、二の足を踏む方もいらっしゃると思うので、このサイトを参考にしていただければ幸いです。
ブラックな保育園から転職
保育園の中には、サービズ残業が常態化していたり、極端に給料が低いブラックな職場も存在します。そのようなブラックな保育園で働いているのでしたら、一度他の職場に転職する事も検討してみる事をオススメします。
派遣保育は安定して働けないのか
派遣と聞くと不安定な立場であることがデメリットとしてよく挙げられますが、それも保育士の仕事に対する考え次第とも言えます。結婚や出産を機に一度退職する事を前提としている方や、扶養控除の範囲内で働くつもりの方は、むしろ社員よりも派遣保育士の方が働きやすいかもしれません。
小規模保育園は働きやすいのか
働きやすい、アットホームというイメージから、大規模な保育園から小規模保育園に転職する保育士の方が増えています。一方で、本当に小規模保育園は働きやすいのか疑っている方もいらっしゃると思います。小規模保育園のメリットとデメリットに興味がある方は参考にして頂ければ幸いです。
新規開園の保育園はキャリアアップのチャンスか
新規開園の保育園は、他の保育士と一緒に0から構築できる事が魅力的です。また、園長や主任保育士といった役職に就ける可能性もあるので、キャリアアップしたい方にとってもチャンスと言えます。そのため、競争率も高くなりやすいです。
保育士から他業界に転職できるのか
保育士の仕事をしている人の中には、他業界への転職を考えている人もいらっしゃると思います。安易な転職はオススメしませんが、自分の適正や待遇面を考慮しての上でしたら、早めに転職した方が良い場合もあります。
保育士としてブランクがあっても再就職できるか
結婚や出産を機会に一度現場を離れた保育士が、育児などが落ち着いて保育士として現場復帰すること少なからずあります。しかし、再就職する上で家事や育児と両立できるかどうか不安に感じる人も多いです。
保育士は派遣とパートだとどちらの方がメリットがあるか
保育士に復職することを考えている人の中には、派遣とパートだとどちらの方が働きやすいのかと疑問に思う人もいらっしゃると思います。それぞれの、メリットとデメリットが気になる人は参考にしていただければ幸いです。
人手不足の保育施設から転職するべきか
人手不足になると、保育士一人あたりの仕事量も大幅に増えますし、残業や持ち帰りの仕事も増加する可能性が高いです。そうなると、賃金と仕事の忙しさが明確に釣り合わなくなりますし、体調面でも支障を与える結果になる可能性もあります。そのため、早めに他の保育施設に移る事も考えましょう。
事業所内保育室の保育士と働くメリットとデメリット
事業所内保育室は、企業の社員を対象にした保育室になります。行事などが無い事が多いので、日常定期なサポートが中心になります。そのため、比較的に仕事の負担は軽い職場になりやすいです。
未経験でも保育士資格があれば正社員として働けるか
資格は持っているが経験が無く、保育士として就職できるか悩んでいる主婦の女性や30代、40代の女性は少なからずいらっしゃると思います。基本的に保育士として働き始めるのが遅くても、年齢に関わらずに新人保育士として働き始めることは可能です。
保育士のパートと家事・育児を両立できるか
パートの保育士として働く事を考えている人の中には、復職したくても家事や育児との両立が上手くできるか足踏みしている人もいらっしゃると思います。働く保育施設を慎重に選べば、十分両立して働く事は可能です。