保育士から他業界に転職できるのか

保育士から他業界に転職することはできるのか

 

保育士は、業界全体から比較しても仕事の忙しさから比較しても、年収は低い水準と言えます。

 

だからこそ、保育施設はあるのに、肝心の働く保育士が足りない…といった状況になっていると言えます。

 

保育園の利益である保育料は、基本的に世帯所得や地域などに決まりますし、認可外保育園でも認可保育園や公立保育園よりも補助金の有無を考慮しても高く設定し過ぎると利用者がいなくなるので限度があると言えます。

 

そのため、なかなか年収が上がりにくい業界と言えます。

 

加えて言えば、正社員として長期的に働く人も少なく、パートの人も多い事から更に平均年収を下げていると傾向もあります。

 

※参考:保育士の平均年収約320万円、業界全体の平均年収420万円

 

保育士に向いていないと思ったらすぐに転職すべきか

 

保育士を目指す人の多くは、待遇面よりも保育士という仕事に対して興味・やりがいを感じて選ぶ人が多いと思います。

 

しかし、実際に働いてみて、仕事の忙しさや人間関係の難しさと、待遇面などが割に合わず不満を感じたり、自分の仕事の適正に疑問を感じて転職をするか悩む事になる人も多いです。

 

一度も就職した事が無い学生が、思っていた仕事と実際の仕事内容にギャップを感じて、他業界に転職したいと思う事は、ある意味仕方がないと言えます。

 

直ぐに転職した方が良い…とまでは言いませんが、どうしても耐えられなかったり、他にやりたい仕事が既にあるのでしたら、若い内に転職を決めた方が良いです。

 

続けていれば仕事を好きになる可能性もありますが、好きになれない可能性もありますが、残念ながら好きから嫌いになれる可能性の方が低いのが現実だと思います。

 

特に待遇面は改善されにいくいので、待遇面に不満を持っているのでしたら、早めに転職した方が良いと言えます。

 

待遇面だけなら他の保育施設に転職することも考える

 

幼稚園教諭として幼稚園で働くなら、50代まで働けば年収500万円程度でまで働ける可能性がありますが、保育士として保育施設で働く場合は、高くても年収400万円台が限界…と言えるかもしれません(経営者や規模の大きい保育施設の園長など一部の人は除きます)。

 

ただ、『月収25万円前後』、『賞与3〜4ヶ月分』、『年間休日110〜120日』…といった待遇でしたら叶えることは十分叶えることができます。

 

給料面の上がり幅は低いの結婚をして一人で家計を支えるのは厳しいですが、家計をサポートしながら、一定の余裕を持って働ける待遇ではあります。

 

通常の求人サイトで上記の待遇を探すのは少し難しいですが、スマイルSUPPORT保育といった保育士専門の紹介会社を利用すれば、転職する事は十分可能で、他業界に転職する前に検討してみてると良いと思います。

 

他業界に転職するタイミング

保育士に限りませんが、他業界に転職するなら若い方が良いのは事実です。

 

新しい事を1から始めるなら、体力があり吸収力がある若い方が良いですし、企業にとっても同様です。

 

第二新卒として転職活動するなら、前職の経験などは、それ程重視されず、大切なのは志望動機や長期的に働いて行く気持ちを伝える熱意などになります。

 

もちろん、事務などを目指すなら、簿記などの資格を持っていた方がチャンスは増えますが、大幅に選択肢が増えたり、採用される可能性が増える訳でもないので、専門職に就くつもりなないのでしたら、無理に資格などを取得する必要もないです。

 

それよりも少しでも若い方がメリットになる事の方が多いです。

 

ただ、30代以降に保育士から他業界に転職するとなると、若い第二新卒の人と混じって転職活動することになるので、年齢はネックになりやすく、競争率が高いと落とされる可能性が高くなります。

 

その場合は、若さよりも派遣などで事務の経験を積んでから…といった方が良い場合もあります。

 

どちらにせよ、他業界に転職する上では、若い方が有利なので、できれば20代で転職することをオススメします。

 

保育士の仕事は他業界に活かすことができるのか

 

全く活かせない仕事の経験は基本的にありません…が、それを面接などで自分のアドバンテージとして説明するのは難しいです。

 

特に就業期間が短い場合は、無理に仕事の経験を活かそうとすると、面接官から疑いの眼で見られる可能性があるので、無理に売り込まない方が良いと言えます。

 

直接活かせるとしたら、お客と接する機会が多い、接客や販売職になると思いますが、それ以外になると直接的に活かすことは難しいかもしれません。

 

ただ、第二新卒の採用をしている会社側も、即戦力を求めている訳ではないので、自分を大きく見せる必要も少ないので、それ程気にする事もないです。

 

それよりも前述したように、志望動機や熱意を上手く伝えられるように取り組む方が良いと言えます。

 

20代にオススメの転職エージェント

 

【ハタラクティブ】

関連ページ

保育士 今後の展望と将来性
少子高齢化の影響を考えると、今後の保育業界は大丈夫なのかと不安に思う方もいらっしゃると思います。また、保育士の待遇と将来性に不安を感じていて、保育士として働く事に躊躇っている方や、働き続ける事に悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのような方は、この記事を参考にして頂ければ幸いです。
保育士 年収を上げる方法
保育士の年収・給料は、業界全体で見ると低い水準になります。理由としては、出世の難しさや、勤続年数の長さ等がありますが、保育士の悩みの一つである事は間違いありません。もし、年収・給料を上げたいのでしたら、今の働き方や、職場を見直して、他の保育園への転職も検討するようにしましょう。
働きやすい理想の保育園の選び方
保育士にとって働きやすい職場とは、人によっても基準は異なりますが、保育園の人間関係の良好さや、一定の給料水準などを重視するのは多くの保育の方が就職にあたって重視する点だと思います。未経験者の方などは、保育園の選び方等も分からない方多いと思うので、参考にしてみてください。
保育士 ブランク期間のある方の復職
一度結婚して寿退職した方や、出産を機に現場を退いた方がブランク期間を経て復帰したいと思う方はいらっしゃると思います。一方で、復職にあたっての不安や悩みを抱えて、二の足を踏む方もいらっしゃると思うので、このサイトを参考にしていただければ幸いです。
保育園 ホワイト企業
ホワイトな保育園の基準は、人によっても変わってきますが、一番は将来の不安が少なく、働きやすい職場だと思います。キャリアステップが明確にされている、悩みを相談しやすいといった環境が整っていると長期的に働きやすいと言えます。
ブラックな保育園から転職
保育園の中には、サービズ残業が常態化していたり、極端に給料が低いブラックな職場も存在します。そのようなブラックな保育園で働いているのでしたら、一度他の職場に転職する事も検討してみる事をオススメします。
派遣保育は安定して働けないのか
派遣と聞くと不安定な立場であることがデメリットとしてよく挙げられますが、それも保育士の仕事に対する考え次第とも言えます。結婚や出産を機に一度退職する事を前提としている方や、扶養控除の範囲内で働くつもりの方は、むしろ社員よりも派遣保育士の方が働きやすいかもしれません。
小規模保育園は働きやすいのか
働きやすい、アットホームというイメージから、大規模な保育園から小規模保育園に転職する保育士の方が増えています。一方で、本当に小規模保育園は働きやすいのか疑っている方もいらっしゃると思います。小規模保育園のメリットとデメリットに興味がある方は参考にして頂ければ幸いです。
新規開園の保育園はキャリアアップのチャンスか
新規開園の保育園は、他の保育士と一緒に0から構築できる事が魅力的です。また、園長や主任保育士といった役職に就ける可能性もあるので、キャリアアップしたい方にとってもチャンスと言えます。そのため、競争率も高くなりやすいです。
保育士としてブランクがあっても再就職できるか
結婚や出産を機会に一度現場を離れた保育士が、育児などが落ち着いて保育士として現場復帰すること少なからずあります。しかし、再就職する上で家事や育児と両立できるかどうか不安に感じる人も多いです。
保育士は派遣とパートだとどちらの方がメリットがあるか
保育士に復職することを考えている人の中には、派遣とパートだとどちらの方が働きやすいのかと疑問に思う人もいらっしゃると思います。それぞれの、メリットとデメリットが気になる人は参考にしていただければ幸いです。
人手不足の保育施設から転職するべきか
人手不足になると、保育士一人あたりの仕事量も大幅に増えますし、残業や持ち帰りの仕事も増加する可能性が高いです。そうなると、賃金と仕事の忙しさが明確に釣り合わなくなりますし、体調面でも支障を与える結果になる可能性もあります。そのため、早めに他の保育施設に移る事も考えましょう。
事業所内保育室の保育士と働くメリットとデメリット
事業所内保育室は、企業の社員を対象にした保育室になります。行事などが無い事が多いので、日常定期なサポートが中心になります。そのため、比較的に仕事の負担は軽い職場になりやすいです。
未経験でも保育士資格があれば正社員として働けるか
資格は持っているが経験が無く、保育士として就職できるか悩んでいる主婦の女性や30代、40代の女性は少なからずいらっしゃると思います。基本的に保育士として働き始めるのが遅くても、年齢に関わらずに新人保育士として働き始めることは可能です。
保育士のパートと家事・育児を両立できるか
パートの保育士として働く事を考えている人の中には、復職したくても家事や育児との両立が上手くできるか足踏みしている人もいらっしゃると思います。働く保育施設を慎重に選べば、十分両立して働く事は可能です。