保育士 ブランク期間のある方の復職

現場復帰を考えている保育士の方の不安

 

保育士の潜在保育士(資格を持っていて保育士の職に就いていない方)の数は、約10万人とも言われています。

 

一方で少子化が進む中で保育施設の需要は減っているのではないかと思われがちですが、現状は全く逆で待機児童の問題がニュース等でも頻繁にと挙げられています。

 

少子化なのに、需要が多い理由としては、男性一人で家庭を支える事が難しくなり、女性との共働きが増えた事になります。

 

女性の社会進出が進むという事は、仕事の間は子供を預ける必要が出てきます。そのため、少子化にも関わらずに待機児童が増えている原因となります。

 

そのため、最近では一度現場を退いた保育士の復職を促す取り組みも出ています。

 

保育士の現場復帰時に抱える不安

 

 

保育士としてのブランク期間があると、復職にあたっての不安が生じて踏み出せない方も多いです。

 

復職を考えている保育士の方が抱える悩み・不安としては以下が主になります。

・ブランク期間における保育技術の低下
・体力面の低下
・職場での人間関係
・家庭との両立

ブランク期間における保育技術の低下は確かにあると思いますが、一方で保育園側としてたら新人保育士を1から教育するよりも手間は掛からないので、それほど避けられる事はありません。

 

また、ブランク期間が長い人でも歓迎している求人も多くあるので、探して見ても良いと思います。

 

職場での人間関係としては、保育士に関わらず、働いて行く上では避けらない問題と言えます。ただ、復職する場合は、先輩と後輩に挟まれる立場になるので、非常に不安になると思います。

 

実際に働き始めないと、人間関係等は把握し辛いですが、面接の時や紹介会社のキャリアコンサルタント等に、過去の復職した保育士の経歴を聞いて見ても良いかもしれません。

 

積極的に復職希望者を雇っているのでしたら、ブランク期間が長い方の保育士の対応も整っている事が多いです。

 

家庭との両立が心配な方の場合は、一度派遣やパートとして働き始める事もオススメです。

 

パートや派遣でしたら、正社員程シフトに縛られることもありません。

 

働きながら、正社員として働けると思ったら、雇用形態を変えれば良いですし、難しいと感じたのでしたらパートや派遣としてシフトを調整して貰うのも良いと思います。

 

派遣とパートの違い

 

 

パートの場合は、保育園との直接雇用になるので、正社員程ではないですが、人手が足りない日は出勤をお願いされる事も多く、断り辛いこともあるかもしれません。

 

ただ、パートの場合は派遣と異なり間に派遣企業がないので、非正規雇用から正社員になりやすいという特徴もあります。

 

一方で派遣の場合は、働く場所は保育園でも所属は派遣企業となるので、簡単には正社員へと雇用形態を変える事ができません。

 

また、派遣される保育園は一時的な人手不足を補うために派遣企業と契約していることも多いので、契約期間を満了した後に正社員として働けない可能性もあります。

 

そのため、正社員を前提にしているのでしたら、紹介予定派遣を利用するのも一つの手段です。

 

紹介予定派遣とは、基本的に半年間は派遣として働き、その後はお互いに納得した場合に限り、正社員としての雇用を結ぶ雇用形態になります。

 

保育士側が派遣先に不満があれば、保育園を変えて貰える場合もあるので、自分に合った職場を探している方にもオススメです。

 

ブランク期間が面接でハンデになる事は少ない

 

 

前述したように保育士は人手不足の状態ですし、復職する保育士の方も少なくありません。そのため、選考時に足を引っ張る程のハンデとなることは少ないです。

 

大切なのは、退職した理由、復職しようと思った動機、そして保育の仕事に対する熱意になります。

 

特別な理由等は必要ありませんが、保育士と復職する気持ちはしっかりと伝えられるように、面接前にある程度考えて置く事をオススメします。

 

 

⇒紹介会社で保育園のホワイト企業に転職する

関連ページ

保育士 今後の展望と将来性
少子高齢化の影響を考えると、今後の保育業界は大丈夫なのかと不安に思う方もいらっしゃると思います。また、保育士の待遇と将来性に不安を感じていて、保育士として働く事に躊躇っている方や、働き続ける事に悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのような方は、この記事を参考にして頂ければ幸いです。
保育士 年収を上げる方法
保育士の年収・給料は、業界全体で見ると低い水準になります。理由としては、出世の難しさや、勤続年数の長さ等がありますが、保育士の悩みの一つである事は間違いありません。もし、年収・給料を上げたいのでしたら、今の働き方や、職場を見直して、他の保育園への転職も検討するようにしましょう。
働きやすい理想の保育園の選び方
保育士にとって働きやすい職場とは、人によっても基準は異なりますが、保育園の人間関係の良好さや、一定の給料水準などを重視するのは多くの保育の方が就職にあたって重視する点だと思います。未経験者の方などは、保育園の選び方等も分からない方多いと思うので、参考にしてみてください。
保育園 ホワイト企業
ホワイトな保育園の基準は、人によっても変わってきますが、一番は将来の不安が少なく、働きやすい職場だと思います。キャリアステップが明確にされている、悩みを相談しやすいといった環境が整っていると長期的に働きやすいと言えます。
ブラックな保育園から転職
保育園の中には、サービズ残業が常態化していたり、極端に給料が低いブラックな職場も存在します。そのようなブラックな保育園で働いているのでしたら、一度他の職場に転職する事も検討してみる事をオススメします。
派遣保育は安定して働けないのか
派遣と聞くと不安定な立場であることがデメリットとしてよく挙げられますが、それも保育士の仕事に対する考え次第とも言えます。結婚や出産を機に一度退職する事を前提としている方や、扶養控除の範囲内で働くつもりの方は、むしろ社員よりも派遣保育士の方が働きやすいかもしれません。
小規模保育園は働きやすいのか
働きやすい、アットホームというイメージから、大規模な保育園から小規模保育園に転職する保育士の方が増えています。一方で、本当に小規模保育園は働きやすいのか疑っている方もいらっしゃると思います。小規模保育園のメリットとデメリットに興味がある方は参考にして頂ければ幸いです。
新規開園の保育園はキャリアアップのチャンスか
新規開園の保育園は、他の保育士と一緒に0から構築できる事が魅力的です。また、園長や主任保育士といった役職に就ける可能性もあるので、キャリアアップしたい方にとってもチャンスと言えます。そのため、競争率も高くなりやすいです。
保育士から他業界に転職できるのか
保育士の仕事をしている人の中には、他業界への転職を考えている人もいらっしゃると思います。安易な転職はオススメしませんが、自分の適正や待遇面を考慮しての上でしたら、早めに転職した方が良い場合もあります。
保育士としてブランクがあっても再就職できるか
結婚や出産を機会に一度現場を離れた保育士が、育児などが落ち着いて保育士として現場復帰すること少なからずあります。しかし、再就職する上で家事や育児と両立できるかどうか不安に感じる人も多いです。
保育士は派遣とパートだとどちらの方がメリットがあるか
保育士に復職することを考えている人の中には、派遣とパートだとどちらの方が働きやすいのかと疑問に思う人もいらっしゃると思います。それぞれの、メリットとデメリットが気になる人は参考にしていただければ幸いです。
人手不足の保育施設から転職するべきか
人手不足になると、保育士一人あたりの仕事量も大幅に増えますし、残業や持ち帰りの仕事も増加する可能性が高いです。そうなると、賃金と仕事の忙しさが明確に釣り合わなくなりますし、体調面でも支障を与える結果になる可能性もあります。そのため、早めに他の保育施設に移る事も考えましょう。
事業所内保育室の保育士と働くメリットとデメリット
事業所内保育室は、企業の社員を対象にした保育室になります。行事などが無い事が多いので、日常定期なサポートが中心になります。そのため、比較的に仕事の負担は軽い職場になりやすいです。
未経験でも保育士資格があれば正社員として働けるか
資格は持っているが経験が無く、保育士として就職できるか悩んでいる主婦の女性や30代、40代の女性は少なからずいらっしゃると思います。基本的に保育士として働き始めるのが遅くても、年齢に関わらずに新人保育士として働き始めることは可能です。
保育士のパートと家事・育児を両立できるか
パートの保育士として働く事を考えている人の中には、復職したくても家事や育児との両立が上手くできるか足踏みしている人もいらっしゃると思います。働く保育施設を慎重に選べば、十分両立して働く事は可能です。