入社した保育施設の環境が悪い場合の対処法

入社した保育施設の環境が悪い場合の対処法

 

保育士の職場環境は、職場にもよりますが他の業界よりも働きやすいと感じる方は少ないかもしれません。

 

共働きの家庭の方が、子供を預けるために利用することもあるので、始業時間も早い事が多いですし、帰りの遅い社会人の方を対象にしている場合は、夜遅くまで仕事が続くこともあります。

 

もちろん、これは保育施設の経営方針によっても変わってきますし、派遣やパートの方を上手く利用して、保育士一人一人の負担を軽減するようにしていることもあります。

 

一方で、ギリギリの人手不足の中で、夜遅くまで運営している職場もあり、事務仕事の残業も合わせて終電近くに帰るような保育施設も存在します。

 

保育施設によっては、サービス残業の場合もあるので、保育士の体力面と精神面に大きな負担を与えます。

 

悪循環になっている保育施設の職場環境を変えるのは難しい

 

 

『人手不足だからサービス残業や持ち帰りの仕事が多い⇒新しい保育士を雇って職場環境の悪さからすぐ辞めてしまう⇒人手不足になって更に忙しくなる』…といった悪循環に陥ってる保育施設は実際に存在します。

 

人手不足なら新人保育をしっかりと教育したり、ブランクの方でも積極的に受け入れる事が大切…と分かっていても、忙しい職場となると、教育に時間を割けなかったり、ブランクの方に対する気づかいが出来ない事が多いです。

 

また、中堅保育士やベテランの方の中には、すぐに新人保育士が辞めてしまう環境に諦めてしまっている事もあります。

 

このような環境を変えるには、園長や運営している企業の経営陣が抜本的な環境改善をしないと変わりません。

 

個人で変えようとしても徒労に終わる可能性が多いです。

 

これは、人手不足やサービス残業だけに限りません。

 

職場内の派閥によるイジメや嫌がらせも同様です。一度深刻化した問題に取り組むのは、一人の保育士には負担が重すぎます。

 

そのため、この職場で長期的に働くのは危険だと感じたら迷わずに他の保育施設に転職する選択肢も大切です。

 

保育士としての働き方によって職場選びも変える

 

 

正社員として長期的に働いて行く事を考えるのでしたら、勤続年数と共に給料が増えて行きやすい、公立保育園や民営化したら公立保育園、または大手の企業が運営している保育施園がオススメです。

 

幼稚園教諭の資格を取得して、保育園よりも給料水準がたかい幼稚園で働くのも一つの手段です。

 

保育士として働く上で多少の残業や持ち帰りの仕事は発生しますが、地方自治体が運営している公立保育園や資本が安定している事業者でしたら、絶対ではありませんが、比較的に待遇が水準が高く、長期的に働きやすいです。

 

また、大手の企業が運営している保育施設の場合は、評判が悪くなると保育士が集まらなくなるので、給与体系や休日も安定させている事が多いです。

 

一方で派遣やパートとして扶養控除の範囲内で働きたい方や、給料よりも休日などを重視したい方は、規模が小さく、預かる子供の数も少ない保育園、または企業内にある保育所なども良いかもしれません。

 

やはり職場を選ぶ際は慎重になる必要がありますが、慎重に選べば休日が多く、残業が全くないとは保証できませんが、定時付近で帰れるような職場もあります。

 

規模が小さかったり、企業内にあるような託児所ですと出世は難しですが、一方で派遣やパート、契約社員で柔軟にシフトを作る事が多いので、働きやすい傾向があります。

 

ただ、ブラック企業も当然あり、規模が小さいから、人を極端に減らしていることもあるので注意してくださいね。

 

条件を満たした保育施設を探すには

 

 

オススメの方法としては、紹介会社を利用して求人を探すことです。

 

一般公開されていない、非公開求人を扱っているので、競争率も低いですし、ブラック企業も少ないです。

 

企業と保育士の間に紹介会社が入っているので、ブラック企業を取り扱ってしまうと、保育士の信頼を裏切り利用者がいなくなってしまうからです。

 

紹介会社は、通常の転職サイトのように企業からの掲載料を貰っていない事が多く(全部紹介会社にはあてはまりませんが)、成功報酬が利益の主要部分になるので、保育士の信頼を裏切って登録者が減ってしまっては企業が存続できません。

 

そのため、絶対ではありません比較的にブラック企業が少ないですし、保育士の希望を満たす求人も多いです。

 

もし、あなたの希望条件を満たした保育施設に出会いたいのでしたら、一度信頼できる紹介会社を利用してみてはどうでしょうか?

 

⇒ホワイト寄りの保育園に就職できる紹介会社