保育士 月給25万円の保育施設で働きたい

保育士 月給25万円の保育施設で働くには

 

保育士としての仕事に憧れて就職し、やりがいがあるから続けたい…と思っていても、待遇が悪すぎると好きだった仕事が嫌いになっても仕方がないと言えます。

 

保育士の初任給は、18万円前後である事が多いですが、一方で勤続年数を重ねる程に、施設ごとの給料差は出てきます。

 

高収入は望まないが、ある程度の勤続年数を積めば最低限月給23〜25万円+ボーナス2〜3ヶ月分は欲しい…高望みでは決してありません。

 

初任給では難しいですが、一定の経験を積んだ保育士の方でしたら、むしろ月給25万円前後は貰って然るべきと言えます。

 

更に言えば、保育士の平均年収が310〜320万円前後であることを考えると、上記の条件を達成しないと、保育士の年収を満たすのが難しいと言えます。

 

保育施設によって月給・ボーナスは変わるのか

 

 

同じ種類の保育施設でも、給料の差は変わって来るので何とも言えませんが、種類から傾向を判断する事はできます。

 

具体的には、公的な補助が多い保育施設の方が月給・ボーナスが高く、仕事も働きやすい傾向があります。

 

要は公立保育園、認可保育園、そして院内保育室などになります。

 

また、認可保育園でも一般の民間企業が運営しているよりも、社会福祉法人が運営している方が待遇が良い傾向があります。

 

逆に認証保育所、認可外保育園と国の基準に準拠できず補助金が貰えない、または少ない保育施設程に月給・ボーナスは落ちやすいと言えます。

 

認可外保育園の方が待遇が悪くなる理由

認可外保育園の方がサービスが悪い訳ではなく、むしろ国の補助金が使われていない事から、保育料は高い一方で保育園が提供する保育内容が充実していたり、時間の融通が利く傾向があります。

 

一方で、保育料が高いからといって人件費割かれる金額は多い訳ではないですし、、保育料が高い中で人を集める必要があるので、給料以上のサービスの高さを職員に求める傾向も強いです。

 

利用者の融通の良さは働く保育士にとっては負担の増加と結びつきます。

 

そのため、補助金が無い、または少ない程に保育士の待遇は下がりがちになりやすいと言えます。

 

もちろん、全ての認可外保育園にあてはまる訳ではありませんが、就職する上では認可外保育園よりも認可保育園の方がリスクは少ないと言えるかもしれません。

 

紹介会社を利用して転職活動をする

 

 

今の職場に対して不満を感じているのでしたら、保育士専門の紹介会社を利用してみる事をオススメします。

 

自分で求人を探すとなると、一般の転職サイトやハローワークから探すことになると思いますが、求人に詳しく情報が掲載されていなかったり、情報の正確さの信頼性の面からブラック寄りの保育施設に入社するリスクが高いです。

 

一方で信頼できる紹介会社でしたら、求人の内容を事前に確認してくれますし、求人に掲載されている内容以上の情報を持っていますし、登録者の代わりに調べてくれます。

 

そのため、ブラック寄りの保育施設に入社するリスクは低いですし、効率的に転職活動をする事ができます。

 

あまり高い希望条件を述べると、求人を紹介して貰えない可能性もありますが、一定の経験があり、首都圏近郊でしたら、月給25万円前後の求人なら紹介して貰える可能性は十分あります。

 

また、すぐには無理でも、経験年数と共に達成できる職場はあると思います。

 

もちろん、給料以外の希望を伝えることもできるので、担当になったスタッフと一緒に相談しながら就職活動をしていけば、ブラック寄りの施設どころか、希望以上の保育施設に就職できるかもしれませんよ。

 

保育士転職支援【保育士バンク】